iwatani

(株)IWATANI 防音対策の御紹介

防音ブース、防音カバー、遮音壁などの防音対策

 IWATANIでは、産業系の各種騒音対策、防音工事を実施しております。防音工事には様々な方法があり、

 ◆1 カバーリング Covering (防音カバー、防音パッケージ、防音シェルター)
 ◆2 ウォーリング Walling (防音壁、遮音壁、吸音壁)
 ◆3 アブゾービング Absorbing (吸音内装、サイレンサーダクト)
 ◆4 インシュレーティング Insulating (振動防止、浮き床工法)

 などです。これらの工法から、工事前に計測した騒音データを元に、防音設計を行い、目的に合わせた防音工事を実施致します。防音設計の段階で、工法を誤ってしまった場合、全く効果が得られない、工事前よりも騒音がうるさくなったなど問題が発生しますので、専門家による正しい設計 と施工が不可欠です。弊社では、これらの防音工事の施工法を活かし、無響音室などの音響試験室の工事も実施しております。

 ユーザー様に合わせて、必要最低限の仕様=必要最低限の価格、短納期、確実な効果を第一に考え、設計から工事、音響計測まで、一貫して実施致します。中部地域のユーザー様はもちろんのこと、全国よりの御客様も御用命下さい。

??カバーリングとは??
 カバーリングとは、音を発生する機械などを囲い込み、音を外に逃がさない(外の音を中に入れない)ことです。音は空気中をつたわりますので、密閉されたカバーにしなくてはなりません。なおかつ、カバーを抜けて音が漏れては意味がありませんので、剛壁や防音パネル の施工が必要です。

??ウォーリングとは??
 ウォーリングとは、ついたてを作り、対象地点への音の到達距離を伸ばすなどして、騒音の影響を少なくすることです。高速道路などに、遮音壁が施工されており、同様の原理です。費用対効果の面で、カバーリングには及びませんので、カバーリングが出来ない場合での対応策です。

??アブゾービングとは??
 アブゾービングは、吸音材や共鳴体を使った音響調整法により、防音工事を行う施工方法です。音の性質を利用し、ダクト内を通過した音を消音するサイレンサーダクトや、部屋の壁などに吸音内装を施し、反響騒音を防止するなどがあります。

??インシュレーティングとは??
 インシュレーティングとは、主に防振のことです。空気バネや防振ゴム、吊り天井材など防振材には様々なものがあり、振動設計に合わせて、種別、個数を使い分けます。

お問い合わせはこちらをクリックして下さい。

IWATANIトップ


-防音対策・騒音測定- IWATANIの防音ブース (C)2012

株式会社イワタニ 産業防音事業部
TEL:055-265-1871 FAX:055-265-1870
info@soundproof-tech.com